イケダハヤト【脱社畜サロン&はぁちゅうサロン】合併についてそれぞれのメリットデメリット

オンラインサロンの合併です。

元々のきっかけとしてはオンラインサロンが多すぎるという問題に対して、合併が進んだそうです。
イケダハヤトさんの脱社畜メンバーは喜んでいたそうです。
はぁちゅうサロンのメンバーでもあったイケダハヤトさんは、彼女のサロンメンバーも喜んでくれると思っていたそうですが、実際には多くの反発があったそうです。

これに対してはどうして喜ぶと思ったのか理解できない、喜ぶわけない。
イケダハヤトさんのサロンメンバーと、はぁちゅうサロンメンバーは似て非なります。
はぁちゅうさんの生き方に憧れて、(男性もいますが)同性の女性の方が参加しており、彼女たちからしたらイケダハヤトなんて知らないし、憧れの対象にはなりえない、憧れのはぁちゅうさんの所で学びたい、一緒にいたいのに、いきなり知らないメガネかけた細身の男性サロンと合併と言われても・・・ということになるのは簡単に予想できます。

失礼ながらイケダハヤトさんとはぁちゅうさんだと、はぁちゅうさんのが一般の知名度は高いです。
イケダハヤトさんの知名度はあくまでもブロガーやWEBメディア界隈のみに高いのであって一般人からしたら知名度は皆無です。特に女性からはそうでしょう。
なおさらはぁちゅうサロンメンバーからしたら無名のところと合併された感覚で喜ぶという気持ちにはなれないでしょう。

はぁちゅうさんからしたら、脱社畜サロンは多くの方々が関わっていて勢いがあるのでそこにメリットを見出したのかもしれません。イケダハヤトさんからしたらメリットしかないです。

サロン運営は難しいというのは見ていて思います。
とても大変だろうなと思うので合併することによって運営者の負担は避けれます。

利益が下がるのではないか、という方もいるかとは思いますが、サロン運営からの月額の低さと手間を考えて、直接の収益をそこまであてにしているとは思えません。
サロン運営によって新しい仕事や掛け算式の爆発力が魅力だと思います。

堀江さんのような大きなサロンは合併はメリットはなくても、ほどほどの中規模のサロン合併によって大きなサロンになることで、ひとり運営の限界から抜け出して、より面白いとは思います。

運営コストという面だけではなく、サロンの魅力は人と人の組み合わせによる爆発力や企画力だと思うのですが、個人運営ではその点に関しては限界があるのではないかと思えてしまいます。
イケハヤさんの脱社畜サロンのトピ?スレ?が放置になっていると呟いているツイートがありました。
それに対してイケハヤさんも反応していたのを見ました。
一人運営だと、まんねりになってしまうんですね。
いかにサロンメンバーに自主的に企画を出してもらう場づくりをするのか、その仕掛けをするのかということが重要なのかもしれません。

それとイケダハヤトさんは過去にサロン運営して潰しています。(私も1年くらい入っていました)
合併することによって複数運営になりサロン運営が継続しやすくなる可能性もあります。

イケハヤさんからしたらメリットだらけです。
イケハヤサロンのメンバーからしたら、新しい風が入ってきて、まんねりが避けられて面白くなるかと思います。

はぁちゅうさんからしたら、個人運営の大変さと掛け算式で良いかもしれない、というくらいです。
最悪、自分のサロンに逃げればいいのでやってみる価値はある。

ただし、はぁちゅうサロンメンバーの女性からしたら「冗談じゃない」という話ですよね。
せめてはぁちゅうさんとクラスタが近い女性や、同性から憧れている女性なら分かります。
いや、女性は女性に厳しい面があるからこれはこれで大変なのかなぁ。。

はぁちゅうさんの女性の生き方として憧れているという女性参加者からしたら分かりませんが、私は全体的に見たらメリットのが大きい話だと思いました。

今回は特にまとまりもなく、イケダハヤト脱社畜サロンとはぁちゅうサロンの合併話を聞いて思ったことの感想です。
大局的に見たら、それぞれメリットはあるとは思います。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

文章を書いていると落ち着く。ブログの在り方

NO IMAGE

はてなブロガーのブログを久しぶりに読んだ

NO IMAGE

パーマリンク変更!雑記ブログは「カテゴリー+投稿名」より「投稿名」がおススメ!!...